「アス」DVDレンタル開始日や発売日はいつ?

2019年9月6日公開の自分たちとそっくりの謎の存在と対峙する一家の恐怖を描いたサスペンススリラー映画「アス」DVD/Blu-ray(ブルーレイ)発売日、DVDレンタル開始日がいつになるのか最新情報をお伝えします。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考

 

わんこ君

「DVD/Blu-rayレンタル開始日がいつになるのか知りたい

「あらすじや予告チェックしておきたい」

このページはそんな方へ向けて書いています。

 

Sponsored link

 

DVDレンタル開始日

まだ公式発表がありませんので、収集したデータから予測しています。今までの流れだと・・・

2020年2月の見込み(早ければ1月)

情報が入り次第速報でお知らせします。

 

DVD発売日

レンタルと同時の見込み

 

データからレンタル開始日を予測

「東宝東和」が配給している作品を例に発売日を予測しています。

 

「移動都市 モータルエンジン」

2019年3月公開→7月リリース
公開から4ヶ月

 

「ファーストマン」

2019年2月公開→7月リリース
公開から5ヶ月

 

「スカイスクレイパー」

2018年9月公開→2月リリース
公開から5ヶ月

 

この流れからだと公開から4ヵ月~5ヶ月後にリリースされることが予測されます。

 

ページ内掲載情報は2019年7月時点です。
配信状況は毎月変動します。最新情報は各公式サイトで確認。

宅配・レンタル/動画配信

  動画 宅配
TSUTAYA 
ゲオ GEO 
DMM
U-NEXT
FOD
mieru-TV

 

「アス」作品の詳細

衝撃のスリラー「ゲットアウト」でアカデミー脚本賞を受賞した鬼才ジョーダン・ピール監督が「それでも夜は明ける」「ブラックパンサー」のルピタ・ニョンゴ主演で放ち全米ナンバー1ヒットを記録した悪夢の製造機。

 

出演者/役名

  • ルピタ・ニョンゴ・・・アデレード・ウィルソン/レッド
  • ウィンストン・デューク・・・ゲイブ・ウィルソン/アブラハム
  • エリザベス・モス・・・キティ・タイラー
  • ティム・ハイデッカー・・・ジョシュ・タイラー
  • シャハディ・ライト・ジョセフ・・・ゾーラ・ウィルソン/アンブラ
  • ほか

作品情報

  • 主題歌:
  • 原題:Us
  • 上映時間:116分
  • 制作年:2019年
  • 配給:東宝東和
  • カテゴリ:真っ赤な自分に襲われる、新感覚ドッペルゲンガー・ホラー!
  • 検索:あす

 

予告

 

 

みどころ

うさこ

みどころです♪

ドッペルゲンガー、それは自分と瓜二つの姿をした存在もしくはそれを知覚する一種の幻覚で、生霊や第二の自我、死の前兆や罪悪感の顕在化など様々な解釈をされてきた超常現象。

古くから神話や迷信などで語られてきましたが、代表的な特徴のひとつに「人間と会話をしない」ことが挙げられます。

 

お笑いコンビ「キー&ピール」のジョーダン・ピールがコメディアンならではの鋭い視点と稀有な手腕を見せて監督デビューを果たした前作「ゲットアウト」は、人種差別問題を織り交ぜたショッキングでハイテンションなサスペンスムービーとして大ヒットし、熱狂的なファンを多数獲得しました。

本作もまた、社会風刺を含みながらも作品自体の娯楽性が大絶賛され、オリジナル・ホラー作品&オリジナルR指定作品として異例の大ヒットを記録。

巧みな誘導で惹き込むサプライズ・スリラーで、観る者を永遠の迷路に閉じ込めます。

 

 

みぃ姉

主人公のアデレードには夫と娘と息子、そして幼少期のトラウマがありました

 

海辺で迷い込んだ不気味な場所、ショックで失われた記憶、彼女はしばらく失語症に陥りましたが、今では克服して家族と幸せに暮らしています。

しかし、子供たちを連れて訪れた懐かしい町で始まる過去の記憶のフラッシュバック。

すでに不穏な空気は流れていました、死体、死体と同じ顔の怪しい男、手にした巨大なハサミ、見覚えのある不気味な看板…。

そしてついに、アデレードは自分達四人家族と同じ顔をした赤い服の一家に襲われます。

父と母と娘と息子。

4人の中で、言葉を発するのはアデレードと同じ顔をした母親だけでした。

奇妙な殺人一家のうち息子だけは、ヤケドでもあるのか大きなマスクで顔を覆い、唸ってばかりいるのです。

この世に同じ存在は二人いらない。

かくして、アデレード一家と、赤い服の一家の凄絶なサバイバルが、嫌な予感と共に展開します。

どんどんと血で染まるアデレードの服。

ついに辿り着くウサギだらけの異常な施設に何があるのか、知りたくなくても手遅れです。

 

 

「それでも夜は明ける」でアカデミー助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ筆頭に、メインの4人が特徴の違う本人とドッペルゲンガーを表情豊かに演じ分ける凄まじい眼力には圧倒されます。

物理的な存在として描かれるドッペルゲンガーは新鮮ですが、クローンと何が違うかを考察するのも面白そう。

幽霊とも、ゾンビとも違うルールや、明確な殺意の理由とは?

 

見終わる頃には「Us(私達)」の指す範囲や暗喩に自信が持てなくなるかもしれません。

2回目を観ようとする時、ひょっとしてハサミを握りしめてはいませんか?

 

みんなの評価

みぃ姉

映画の評価をしたり、みんなの評価を調べたりできます

 

「アス」はオススメできる?
  • 項目を追加する

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)