「屋根裏のラジャー」DVDレンタル開始日や発売日はいつ?

 

うさこ
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

2023年12月15日公開の映画「屋根裏のラジャー」DVD/Blu-ray(ブルーレイ)発売日、DVDレンタル開始日がいつになるのか最新情報をお伝えします。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考

 

わんこ君

「DVD/Blu-rayレンタル開始日がいつになるのか知りたい

「あらすじや予告チェックしておきたい」

このページはそんな方へ向けて書いています。

 

 

DVDレンタル開始日

まだ公式発表がありませんので、収集したデータから予測しています。今までの流れだと・・・

みぃ姉

2024年7月の見込み(早ければ5月)

情報が入り次第速報でお知らせします。

 

DVD発売日

みぃ姉

レンタルと同時の見込み

 

データからレンタル開始日を予測

「東宝」が配給している作品を例に発売日を予測しています。

「キングダム3 運命の炎」

2023年7月公開→1月リリース
公開から6ヶ月

 

「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」

2023年4月公開→9月リリース
公開から5ヶ月

 

「劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室」

2023年4月公開→11月リリース
公開から7ヶ月

 

この流れからだと公開から5ヵ月~7ヶ月後にリリースされることが予測されます。

 

「屋根裏のラジャー」作品の詳細

A・F・ハロルドの傑作児童文学『僕が消えないうちに』を、「ギブリーズ episode2」「ニノ国」の百瀬義行監督がスタジオポノック2作目の劇場用長編アニメーションとして映画化した空想ファンタジー。

作品情報

  • 主題歌:A Great Big World featuring Rachel Platten「Nothing’s Impossible」
  • 「ナッシングズ・インポッシブル」 ア・グレイト・ビッグワールド featuring レイチェル・プラッテン
  • 原題:The Imaginary
  • 上映時間:108分
  • 制作年:2023年
  • 配給:東宝
  • カテゴリ:イマジナリーフレンドのリアルな感情。愛と涙のファンタジー
  • 検索:ー

 

予告

みどころ

うさこ

みどころです♪

スタジオジブリ出身の有志が、様々な矜持とアニメ愛を胸に集まっているアニメーションスタジオ、「スタジオポノック」。

処女作品となった2017年の「メアリと魔女の花」で興行収入約33億円のヒットを収め、ジブリでも宮崎駿でもテレビシリーズでもない長編アニメとしてまずまずの成果と評価を獲得すると、続く2018年の「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」では3つの短編映画でポノックの独自性を強調。

ジブリへの懐古(かいこ)に留まらない、ポノックらしい作家性を構築する中で選ばれたのが、イギリス文学協会賞やカーネギー賞等を受賞している児童文学『ぼくが消えないうちに』でした。

 

原題は『The Imaginary』。
タイトルロールにもなっている少年ラジャーは、アマンダという少女の想像上の友達、通称「イマジナリ」です。

アマンダ以外の人間には知覚できない上に、アマンダに忘れられると消えてしまう哀しい運命にありながら、ラジャーは主人公として強烈な自我と存在感を放ちます。

大切な人達に忘れられてしまったイマジナリたちが暮らす「イマジナリの町」を舞台に、現実と想像が交錯したラジャーの誓いと冒険が、アニメーションならではの生き生きとした表現手法で描かれます。

 

メガホンを取るのは、ジブリ時代に「火垂るの墓」から「かぐや姫の物語」までの高畑勲作品や、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」等の宮崎駿監督のメガヒット作に携わり、「ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間」で「サムライエッグ」を担当したアニメーターの百瀬義行監督。

緻密(ちみつ)でワクワクさせる映像美は、新たなデジタル技術を用いた新手法。
フランスのクリエイター陣とのコラボレーションでレンブラントやフェルメールを彷彿とさせる画期的な映像表現を実現しており、光と影の実在感は特に必見。

スタジオジブリの美術スタッフが中心となって設立した「でほギャラリー」の描く背景美術を存分に生かし、イマジナリたちの世界を煌(きら)びやかに具現化します。

 

ラジャーに魂を吹き込むのは、意外にもこれがアニメ映画初挑戦の天才子役・寺田心。
アマンダ役は鈴木梨央、アマンダの母リジ―役に安藤サクラ、さらに寺尾聰、仲里依紗、杉咲花、山田孝之、高畑淳子、イッセー尾形ら実力派俳優を多数召喚。

グラミー賞受賞アーティストの「ア・グレイト・ビッグワールド」が書き下ろし、レイチェル・プラッテンの歌う美しい主題歌「Say Something」が感動を盛り上げます。

 

消えゆく自分を振り絞るイマジナリたち。
一生忘れない、最期の冒険を見守りましょう!

文庫

 

 

サウンドトラック

 

みんなの評価

みぃ姉

映画の評価をしたり、みんなの評価を調べたりできます

「屋根裏のラジャー」はオススメできる?
  • 項目を追加する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)