「おまえの罪を自白しろ」DVDレンタル開始日や発売日はいつ?

 

うさこ
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

2023年10月20日公開の映画「おまえの罪を自白しろ」DVD/Blu-ray(ブルーレイ)発売日、DVDレンタル開始日がいつになるのか最新情報をお伝えします。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考

 

わんこ君

「DVD/Blu-rayレンタル開始日がいつになるのか知りたい

「あらすじや予告チェックしておきたい」

このページはそんな方へ向けて書いています。

 

 

DVDレンタル開始日

まだ公式発表がありませんので、収集したデータから予測しています。今までの流れだと・・・

みぃ姉

2024年4月の見込み(早ければ3月)

情報が入り次第速報でお知らせします。

 

DVD発売日

みぃ姉

レンタルと同時の見込み

 

データからレンタル開始日を予測

「松竹」が配給している作品を例に発売日を予測しています。

「エンドロールのつづき」

2023年1月公開→7月リリース
公開から6ヶ月

 

「大名倒産」

2023年6月公開→11月リリース
公開から5ヶ月

 

「なのに、千輝くんが甘すぎる。」

2023年3月公開→9月リリース
公開から6ヶ月

 

この流れからだと公開から5ヶ月~6ヶ月後にリリースされることが予測されます。

 

「おまえの罪を自白しろ」作品の詳細

真保裕一の同名小説を「アイ・アム まきもと」の水田伸生監督が、「ラーゲリより愛を込めて」の中島健人と「望み」の堤真一の共演で描く社会派サスペンス。

 

作品情報

  • 主題歌:B’z「Dark Rainbow」
  • 原作:真保裕一『おまえの罪を自白しろ』
  • 上映時間:101分
  • 制作年:2023年
  • 配給:松竹
  • カテゴリ:リミットは24時間!緊迫の断罪エンターテインメント
  • 検索:お前の罪を告白しろ

 

予告

みどころ

うさこ

みどころです♪

誘拐された少女、犯人からの要求はただひとつ「おまえの罪を自白しろ」。
政治家一族の宇田家を襲う緊急事態を描いた原作小説は、政界に蔓延(まんえん)する不文律に警察やマスコミを絡めた誘拐ミステリー。

攫(さら)われたのは、内閣府副大臣である衆議院議員・宇田清治郎の長女の娘・柚葉。
犯人は身代金ではなく、翌日の午後5時までに記者会見を開いて宇田清治郎自ら罪を告白しろと要求しますが、すでに政治スキャンダルの渦中にあった清治郎は簡単には口を開きません。

そもそも、清治郎には罪の心当たりがいくつもありました。
一方、会社経営に失敗して渋々父の秘書を務めていた次男・宇田晄司は、姪っ子の命を救うために積極的に奔走(ほんそう)。

埼玉県議を務める長男の宇田揚一朗と違って政治家としてのアイデンティティに乏しい晄司の良識があってこそ、誘拐事件に光明が差します。

 

物語の焦点となるのは、誘拐犯が求める告白が、どの罪に関するものか名言されていないこと。
余計な罪まで告白する必要は無いかもしれない?

政界と重鎮(じゅうちん)を支える者として、一家の大黒柱として、清治郎が判断を躊躇(ちゅうちょ)するのはある程度理解できますが、実はもっと狡猾に保身のために動いている人物が存在します。

少女の家族、事件を追う警察、スキャンダルを糾弾するマスコミ、派遣を争う内閣総理大臣と与党幹事長。

それぞれの思惑が焦りを増す中、タイムリミットが刻一刻と迫ります。

 

主人公の晄司を演じるのは、本作が社会派サスペンス初主演となる「Sexy Zone」の中島健人。
徹底した王子様キャラに定評があり、「黒崎くんの言いなりになんてならない」「ニセコイ」などのコミック原作作品でも活躍しましたが、かなりの映画通であり俳優としての強い自負を持つ様子。

「ラーゲリより愛を込めて」では丸刈りに褌姿で新境地を開拓しました。
物語の鍵を握る父・清治郎を演じるのは「ALWAYS 三丁目の夕日」「クライマーズ・ハイ」の堤真一。

長男を演じる中島歩や、長女役の池田エライザ、次男の中島健人に父と呼ばれるのも、柚葉におじいちゃんと呼ばれるのも違和感を覚える若々しさですが、こう見えて還暦間近。

さすがの演技力で百戦錬磨の政治家像を創り上げています。
その他、柚葉の父の市議役で浅利陽介、その支援者に尾野真千子、捜査一課の刑事役で山崎育三郎、報道記者に美波、角野卓三、金田明夫、尾身としのり、山崎一、橋本じゅん、菅原大吉、平泉成、三浦誠己、矢柴俊博、柏原収史など錚々たる顔触れ。

「舞妓Haaaan!!!」「謝罪の王様」「ゆとりですがなにか インターナショナル」などコメディでお馴染みの水田伸生監督ですが、テレビドラマは「Motehr」「トッカン-特別国税徴収官-」など社会問題を取り上げる作品が多く、本作はその集大成とも言える硬派なエンターテインメント。

親子の対立を軸に、愚かな罪を炙り出し、清算する難しさを描きます。

「B’z」の歌う主題歌「Dark Rainbow」と共に、卑怯者にシャウトを浴びせる1本です。

 

文庫

 

 

みんなの評価

みぃ姉

映画の評価をしたり、みんなの評価を調べたりできます

「おまえの罪を自白しろ」はオススメできる?
  • 項目を追加する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)