「アナログ」DVDレンタル開始日や発売日が決定

 

うさこ
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

2023年10月6日公開の映画「アナログ」

Blue-ray/DVDレンタル開始日とBlue-ray/DVD発売日が決定しました。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考にしています

 

わんこ君

「DVD・Blu-rayレンタルと発売日決定しました

 

 

Blue-ray/DVD発売日

みぃ姉

2024年3月27日(水)発売

 

 

Blue-ray/DVDレンタル

みぃ姉

2024年3月27日(水)レンタル開始

 

「アナログ」作品の詳細

ビートたけし原作の同名恋愛小説を、「鳩の撃退法」のタカハタ秀太監督が、「ラーゲリより愛を込めて」の二宮和也と「ホテルローヤル」の波瑠の共演で実写映画化した大人の純愛映画。

 

作品情報

  • インスパイアソング:幾田りら「With」
  • 原作:ビートたけし「アナログ」
  • 上映時間:119分
  • 制作年:2023年
  • 配給:アスミック・エース、東宝
  • カテゴリ:消えた恋人の真実。木曜限定の逢瀬を描くラブストーリー
  • 検索:あなろぐ

 

予告

みどころ

うさこ

みどころです♪

このご時世に携帯電話を持たない女。
毎週木曜日に同じ場所で会いましょうと約束し、週に一度のデートで穏やかに愛を深めるも、プロポーズを決意した瞬間捨てられる男。

ハニートラップにかかったか、犯罪にでも巻き込まれたか、男の精神状態に問題があったか、そもそも彼女は人間では無かったのかと想像が膨らみますが、そのどれでもありません。

原作小説は、ビートたけしが70歳で書いた処女恋愛小説。長く生きて到達した純愛は胸を打つものがあり、随所に散見されるお笑いへの情熱に目を見張ります。

 

北野武監督ではなく、あくまでもビートたけし。
監督のタカハタ秀太と主演の二宮和也は、映画監督として世界的な評価を確立している鬼才・北野武ではなく、お笑い芸人・ビートたけしだからこそ出る丸みや温かみを伝えたいと話し合ったのだとか。

二宮和也が立川談春役で主演し、ギャラクシー賞月間賞や放送文化基金賞、東京ドラマアウォードグランプリを受賞したドラマ「赤めだか」の監督がタカハタ秀太であり、同作で立川談志を演じたのがビートたけし。

北野武として自ら映像化する事も可能なビートたけしが、映画化を託すに値する信頼関係があるのでしょう。

 

主人公の水島悟にはそれなりの人生経験があり、入院中の母を安心させたい気持ちもある中、身を固める事への焦りもとうに超越した独身安定期。

決して聖人君子でも、少女漫画の王子様でもありませんが、等身大の佇まいから滲む誠実で温かな人柄は演じる二宮和也一流のものであり、終盤は確実に泣かされます。

老獪(ろうかい)な原作者が想像する高潔で献身的な男性像が主人公に投影され、俗っぽさを親友や同僚達がバランスよく発揮。
特に悟と親友たちのアドリブ全開の丁々発止(ちょうちょうはっし)はタカハタ作品の特長。

波瑠の真骨頂とも言えるミステリアスながら上品且つチャーミングなみゆきや、木曜限定の恋を見守るカフェのマスター、大阪支社の面々含めて全員が魅力的です。

 

共演は桐谷健太、浜野謙太、リリー・フランキー、高橋惠子、板谷由夏、坂井真紀、筒井真理子、佐津川愛美、鈴木浩介など実力派揃い。
「赤めだか」でも個性を発揮した宮川大輔や、人気アイドルグループ「なにわ男子」の藤原丈一郎が大阪パートを盛り上げます。
「YOASOBI」の幾多りらがインスパイアソング「With」を提供したように、若い世代の鑑賞も意識した作品。

いくらでも便利なツールがあるのに、敢えてアナログな価値観を貫く彼女の秘密とは?
全編ほぼオールロケで撮られた、美しい人間賛歌です。

 

文庫

 

 

みんなの評価

みぃ姉

映画の評価をしたり、みんなの評価を調べたりできます

「アナログ」はオススメできる?
  • 項目を追加する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)