「バイス」DVDレンタル開始日や発売日はいつ?

2019年4月5日公開の9・11後のアメリカをイラク戦争へと導いたとされるディック・チェイニーを描いた社会派エンタテインメントドラマ映画「バイス」DVD/Blu-ray(ブルーレイ)発売日、DVDレンタル開始日がいつになるのか最新情報をお伝えします。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考

 

わんこ君

「DVD/Blu-rayレンタル開始日がいつになるのか知りたい

「あらすじや予告チェックしておきたい」

このページはそんな方へ向けて書いています。

 

Sponsored link

 

DVDレンタル開始日

まだ公式発表がありませんので、収集したデータから予測しています。今までの流れだと・・・

2019年10月の見込み

情報が入り次第速報でお知らせします。

 

DVD発売日

レンタルと同時の見込み

 

宅配・レンタル/動画配信

  動画 宅配
TSUTAYA 
ゲオ GEO 
DMM
U-NEXT  
FOD
VideoMarket

最新情報は公式サイトで確認
掲載情報確認日2019年2月23日

 

「バイス」作品の詳細

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のスタッフ&キャストが再結集し、クリスチャン・ベールの大変身でアメリカ史上最も権力を持った副大統領ディック・チェイニーの半生を描く社会派ムービー。

 

出演者/役名

  • クリスチャン・ベール・・・ディック・チェイニー
  • エイミー・アダムス・・・リン・チェイニー
  • スティーブ・カレル・・・ドナルド・ラムズフェルド
  • サム・ロックウェル・・・ジョージ・W・ブッシュ
  • タイラー・ペリー・・・コリン・パウエル
  • アリソン・ピル・・・メアリー・チェイニー
  • ほか

作品情報

  • 主題歌:
  • 原題:Vice
  • 上映時間:132分
  • 制作年:2018年
  • 配給:ロングライド
  • カテゴリ:史上最凶の副大統領!?全部実話のブラック・エンターテインメント!
  • 検索:

 

みどころ

うさこ

みどころです♪

アメリカの大統領なら何代か遡って言える人でも、副大統領となるとどうでしょう。

国際政治に興味が無いと、聞き覚えはあっても何を為した人物かは分からない名前がほとんどかもしれません。

それは偶然や能力不足に依るものではなく、絶大な権力を持つ大統領の陰に隠れるのが彼ら本来の役目であるから。

日頃は縁の下の力持ちでありながら、万が一大統領が死亡したり急遽辞任した際には代行者として昇格するポジション、故に彼らは「大統領の死を待つのが仕事」などと揶揄されることもあるのです。

 

しかしもしも、目立たない地位を逆手にとって副大統領が大統領を操り人形のように操作し、アメリカ合衆国を傀儡政権のように意のままに操ったとしたら。

あまつさえ、他国に戦争を仕掛けたとしたら…?

第46代副大統領ディック・チェイニーは、ジョージ・W・ブッシュ政権下で史上最大の権力を持った副大統領と言われ、9.11後の米国をイラク戦争へと導いたとされている人物。

本作は、そんな現代米国政治史最大の闇とも言われる腹心にシニカルな光を当てる野心作なのです。

 

 

アカデミー賞主要8部門にノミネートされた傑作社会派ムービー

バットマンでお馴染みのクリスチャン・ベールの変貌ぶりに驚かされます。

これまでにも様々な作品で肉体改造を行ってきたベールですが、本作では体重を20kg増やし、髪を剃り、眉毛を脱色するなどして中年太りのチェイニーを熱演。

時に痩せ細り、時に筋骨隆々だったベールと到底同一人物には見えませんが、それもそのはず、アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞にもノミネートされており、最新技術と究極の演技力の融合であることが分かります。

ゲイリー・オールドマン主演の「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」と併せて観たくなること請け合いですが、なぜ外見の似つかわしくないベールがチェイニーを演じる必要があったのでしょうか。

 

アダム・マッケイ監督はクリスチャン・ベールにチェイニー役を断られていたらこの映画を撮ることは無かったとまで話しています

「バイス」とは悪役や悪徳を指す言葉ですが、ベールはマッケイ監督に「できる限りチェイニーを肯定的に捉えて演じてみる」と誓ったそう。

実際、実在した政治家を茶化し批判するだけの作品かと思いきや、劇中のチェイニーには妙な愛嬌が人間臭さがあり、なぜだか飽きずに見つめたくなる不思議な吸引力があります。

それこそがクリスチャン・ベールをこの姿たらしめた理由なのかもしれませんが、脅威の役作りを通して、エモーショナルな笑いや思考を喚起し、政治というものを今一度見つめなおすきっかけを残したかったのかもしれません。

 

 

ブッシュ役のサム・ロックェルやコリン・パウエル役のタイラー・ペリーなど、共演者は皆そっくりな上に名優揃い

ニュース映像にもドキュメンタリーにもコント映像にも見える独特の温度で紡がれるアメリカと、ひいては世界の歴史。

実体を隠したまま法を捻じ曲げ、情報を操作し、国民感情を操った「バイス」の半生は、これまで観たどんな風刺映画より、権力について雄弁かもしれません。

 

尚、ディック・チェイニーは2018年、秋の叙勲で旭日大綬章を受賞。

日本の政治史にも大きな足跡を残した人物の手腕を、是非ご覧ください。

 

映画を観た方へアンケート

 

「バイス」はオススメできる?
  • 項目を追加する

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)