2018年12月14日公開の世界的な人気キャラクターを主役に贈るクリスマスファンタジー映画「グリンチ」DVD/Blu-ray(ブルーレイ)発売日、DVDレンタル開始日がいつになるのか最新情報をお伝えします。

 

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考

 

わんこ君

「DVD/Blu-rayレンタル開始日がいつになるのか知りたい

「あらすじや予告チェックしておきたい」

このページはそんな方へ向けて書いています。

 

Sponsored link

 

DVDレンタル開始日

まだ公式発表がありませんので、収集したデータから予測しています。今までの流れだと・・・

2019年6月の見込み(早ければ5月)

情報が入り次第速報でお知らせします。

 

 

 

DVD発売日

レンタルと同時の見込み

 

 

 

データからレンタル開始日を予測

今作と同じ「東宝東和」が配給している作品を例に発売日を予測しています。

「怪盗グルーのミニオン大脱走」

2017年7月公開→12月リリース
公開から5ヶ月

 

「バリー・シール」

2017年10月公開→3月リリース
公開から5ヶ月

 

「僕のワンダフルライフ」

2017年9月公開→3月リリース
公開から6ヶ月

 

この流れからだと公開から5ヵ月~6ヶ月後にリリースされることが予測されます。

 

 

宅配・レンタル/動画配信

  動画 宅配
TSUTAYA 
ゲオ GEO 
DMM
U-NEXT  
FOD
VideoMarket

最新情報は公式サイトで確認
掲載情報確認日2018年10月31日

 

 

作品の詳細

出演者/役名

  • ベネディクト・カンバーバッチ・・・グリンチ

 

(日本語吹き替え)

  • 大泉洋・・・グリンチ
  • 杏・・・ドナ
  • 秋山竜次・・・ブリクルバウム
  • 横溝菜帆・・・シンディ・ルー
  • 宮野真守・・・ナレーター

作品情報

  • 原題: The Grinch
  • 上映時間:
  • 制作年:2018年
  • 配給: 東宝東和
  • カテゴリ:ひねくれ者のクリスマス!大嫌いが大好きになるハッピーファンタジー!
  • 検索:くりんち グリッチ

 

あらすじ

フーヴィルのフー市民たちはクリスマスが大好き。

しかしすぐ隣のクランピット山の洞窟には、クリスマスが大嫌いな緑の妖精・グリンチが住んでいる。

幼い頃はつぶらな瞳が愛らしかったグリンチだが、成長するにつれどんどんひねくれて、愛犬マックスの献身的な愛情にもぶっきらぼう。

いつも不機嫌なグリンチはどんどん孤独になり、ついには村人たちが楽しみにしているクリスマスを盗んでしまおうと思いつくが…?

 

 

みどころ

うさこ

みどころです♪

「ミニオンズ」「ペット」「SING/シング」のイルミネーション・エンターテインメントが、ジム・キャリー主演の実写映画でもお馴染みの世界的な人気キャラクターを主役に贈るクリスマスファンタジー!

 

イルミネーションが贈るクリスマスファンタジー映画

2010年の「怪盗グルーの月泥棒3D」から始まり、2013年「怪盗グルーのミニオン危機一発」を経てヒットの規模を拡大し続け、迎えた2015年には「ミニオンズ」があの「トイ・ストーリー3」を抜いて「アナと雪の女王」に次ぐアニメーション作品全世界歴代2位、日本国内興行収入50億円を突破、さらに2017年の「怪盗グルーのミニオン大脱走」では同73億円を記録しました。

そんなイルミネーション・エンターテインメントが贈るハズレ無しの作品群は、その後も「ペット」「SING/シング」と快進撃を続け、このほどついに世界中のクリスマスを席捲しようとしているのです!

 

 

「グリンチ」はサンタクロースに並ぶクリスマスの代名詞

2000年にジム・キャリー主演で実写映画化されたことでもお馴染みの「グリンチ」の原作はドクター・スースの名作絵本。

アメリカではサンタクロースに並ぶクリスマスの代名詞になっている国民的キャラクターなので、日本での認知度はまだまだ不足気味かも。

属性はスクルージおじさん、風貌は毛むくじゃらで貧相なシュレックといったところですが、そこは歴史の浅いミニオンズを日本であのネズミに次ぐレベルの定番キャラクターに押し上げたイルミネーション、語彙の5割を「カワイイ」が占めるほど可愛いモノが大好きな人達向け戦略もバッチリ!

 

ひねくれる前のベビーグリンチに焦点を当て、キャラクターとしての魅力を効率よくアピールしています。

さらに、純真無垢なグリンチがなぜクリスマスが大嫌いになってしまったのか、その理由への興味を喚起し、凍った心がほぐれてゆく過程の温度を高めることにも成功。

ユーモア満点ながら後味が温かく、誰とでも安心して楽しめるクリスマス映画の新たなる金字塔になりそうです。

 

 

いかに失敗するクリスマス大作戦になるのか楽しみ

英語オリジナル版は気難しい役がぴったりのベネディクト・カンバーバッジがグリンチに扮し、日本語吹き替え版は陽気なイメージながら芸達者で知られる大泉洋が担当。

クリスマスを盗むなら、最後まで盗みきってくれと願う人も少なくない?

 

愛犬マックスと一緒に繰り広げる、グリンチのクリスマス大作戦がいかにして失敗するかをお楽しみください!

ただし、今後クリスマスの来訪者がサンタクロースだけでは物足りなくなるのでご注意を。

 

 

Sponsored Links

 

 

主題歌&サウンドトラック

準備中

 

 

映画を観た方へアンケート

 

「グリンチ」はオススメできる?
  • 項目を追加する