2016年9月24日公開の映画「ハドソン川の奇跡」

DVDとBlu-ray(ブルーレイ)bdレンタル・発売日・動画配信の情報をお知らせしています。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考にしています

 

ハドソン川の奇跡
作品の詳細

出演者:役名

  • トム・ハンクス/チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー
  • アーロン・エッカート/ジェフ・スカルズ
  • ローラ・リニー/ローリー・サレンバーガー
  • クリス・バウアー
  • マイク・オマリー
  • アンナ・ガン
  • ジェイミー・シェリダン

作品情報

  • 原題: Sully
  • 上映時間:96分
  • 製作年:2016年
  • カテゴリ:マスコミや関係ない人が大騒ぎするヒューマンドラマ
  • 配給:ワーナー・ブラザース映画

※ここから下記は予告や作品の紹介が含まれています。

 

Sponsored link

 

ひつじさん

レンタル&発売日の速報を「LINE@」でお知らせしているよ

→通知を希望される方はお友達申請お願いします←

 

ハドソン川の奇跡
予告&あらすじ

2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。

飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。

このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。

 

ハドソン川の奇跡
DVDレンタル&動画配信

2017年1月25日より好評レンタル中!

うさこ

「お店が遠いの」という方は【宅配レンタル】が便利です♪

⇨宅配レンタルなら「TSUTAYA」30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

⇨返却はポストでOK!今なら無料でお試し「ゲオ宅配レンタル

※お目当の映画があるかお申し込みの前に確認をお願いします※

 

わんこ君

「今すぐ見たい!」という方は【動画配信】がオススメ!

→今なら初月無料!新作映画が充実!ビデオマーケット

 

→日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

※作品は毎月変わります。お目当の映画があるか申し込みの前に確認をお願いします※

 

ハドソン川の奇跡
サウンドトラック

文庫

ハドソン川の奇跡を観た感想

ハドソン川着水事件の裏側に、このような事が起こっていたって初めて知りました。

機長の些細な心の描写や心理的な表現など見事でした。

冒頭からラストまで誰ることなく、適度な緊張感を保ちつつ見ることが出来ました。

 

トムハンクスの演技力は鉄板ですね。安心して見れます。

イーストウッド監督も俳優だけでなく監督としての才能も凄いなと感じました。

 

アメリカン人のユーモアを忘れないって所が好きですね。

ラストの副機長の「次は7月にして下さい」は笑えました。
緊張感をほぐすような感性が私も欲しいものです。

 

 

1マイル=1609メートルです。

7マイル=約11km

マイルって普段使わないからピンと来なかったです。

↓正しい1マイルについて下記に補足しました

 

離陸時の客室乗務員の会話ってどこが笑えるの?どなたか解説お願いします。

A「たまにはラガーディア空港から定刻通りに出発したいものだわ」

B「じゃあJFK空港から離陸したら?」

A「笑える」

アメリカの客室乗務員なら笑えるんだろうけど、いまいちピンと来なかったです。

 

ポーターハウスステーキってこんな感じの肉が出るそうです。

日本のステーキとは大分違っていますね。これは一度食べてみたい。

a

 

ハドソン川の奇跡 映画から学んだ事

事件や事故の当事者を見かけても声をかけずにそっとしておきたい

 

1マイルについて

tanidaさんから詳しい解説をコメントで頂きました。
とても参考になったので本文に掲載します。

 

1マイルは1609メートルというところが、僅かに違いますのでお邪魔いたします。

 

マイルは陸マイル(statute mile; “sm”と略す)と海里(nautical mile; “nm”と略す)の2種類があります。

 

アメリカの道路表示(速度制限やXXまで何マイルの表示等)は「陸マイル」で、日常会話で特に断りがなければ陸マイルであるというのがお約束なのですが、航空・航海・宇宙飛行などでは「海里」を使うというのがお約束になっています。

 

 

映画で出てくる会話は航空関係の専門的なところなので、Nautical Mileが正解で、1マイル=1,852メートルです。これは緯度1度が60海里、というところから来ています。

 

プロの翻訳家さんや字幕担当の方も、大抵、9割がた間違っていることが多いです。
鑑賞には大きな影響はないと思いますが、プロの視点で見るとこの違いは大きかったりします。

 

 

映画の例で言えば、陸マイルであると誤解すると空港までの距離が実際よりもっと近い(そこに滑空で降りられる可能性が高い)ということになってしまいますので。

 

 

広告