2016年4月8日公開の映画「ルーム

DVDとBlu-ray(ブルーレイ)bdレンタル・発売日・動画配信の情報をお知らせしています。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考にしています

 

わんこ君

「映画のみどころは?

「内容や予告をチェックしておきたい」

という方へ書いています。

 

ルーム
DVD・Blu-rayレンタル&動画配信

2016年9月16日(金)より好評レンタル中!

 

うさこ

「お店が遠いの」という方は【宅配レンタル】が便利です♪

⇨宅配レンタルなら「TSUTAYA」30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

⇨返却はポストでOK!今なら無料でお試し「ゲオ宅配レンタル

※お目当の映画があるかお申し込みの前に確認をお願いします※

 

わんこ君

「今すぐ見たい!」という方は【動画配信】がオススメ!

→今なら初月無料!新作映画が充実!ビデオマーケット

 

→日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

※作品は毎月変わります。お目当の映画があるか申し込みの前に確認をお願いします※

 

ルーム
作品の詳細

  • 監督:レニー・アブラハムソン

出演者:役名

  • ブリー・ラーソン:ジョイ
  • ジェイコブ・トレンブレイ:ジャック
  • ジョアン・アレン:ナンシー
  • ショーン・ブリジャース:オールド・ニック
  • ウィリアム・H・メイシー::ロバート
  • トム・マッカムス:レオ

作品情報

  • 原題:Room
  • 上映時間:118分
  • 製作年:2015年
  • 配給:ギャガ
  • 公開日:2016年4月8日

※ここから下記は作品の紹介や予告動画などを含む内容が記載されています。

Sponsored link

 

ひつじさん

レンタル&発売日の速報を「LINE@」でお知らせしているよ

→通知を希望される方はお友達申請お願いします←

 

ルーム
予告&あらすじ

ぱんださん

今回の作品について

監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。

うさこ

あらすじです♪

施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。

彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。

 

 

ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。

 

 

ジャック役の「ジェイコブ・トレンブレイ」が可愛すぎる

予告をでは女の子かなと思うぐらい可愛い顔していますね!

ジェイコブ君が出演する映画が2016年だけで、2本決まっていることが分かりました。

  • ホラー「Before I wake(原題)」(16)コレン・トレボロ監督
  • ナオミ・ワッツ主演の「Book Of Henry(原題)」(16)

 

日本ではまだ公開決定していませんが、再びスクリーンで見れる日は遠くなさそうですね。

 

ルーム
文庫

ルーム
DVD

うさこ

「お店が遠いの」という方は【宅配レンタル】が便利です♪

⇨宅配レンタルなら「TSUTAYA」30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

⇨返却はポストでOK!今なら無料でお試し「ゲオ宅配レンタル

※お目当の映画があるかお申し込みの前に確認をお願いします※

 

わんこ君

「今すぐ見たい!」という方は【動画配信】がオススメ!

→今なら初月無料!新作映画が充実!ビデオマーケット

 

→日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

※作品は毎月変わります。お目当の映画があるか申し込みの前に確認をお願いします※

ルーム
映画の感想は?

先日4月8日に公開された「ルーム」という映画を見に行きました。
公開される前から気になっていた映画で見るのがすごい楽しみでした。
予告編を見たときの第一印象は、監禁された親子がそこから抜け出す過程を描いた物語だろうと感じました。

しかし実際に見てみると、抜け出す過程を重視した映画ではなくて、「部屋」から抜け出したあと親子がどのように社会に順応していくのか、またそれに対する周囲の反応や葛藤など、私の思い描いていたのとは違う角度からのアプローチである意味とても斬新でした。

息子のジャックから発せられる言葉一言一言が胸に突き刺さり、幼いながらも手探りで見たことのない外の世界に触れていく姿がとても印象的でした。
また母親役を演じたブリー・ラーソンの演技には圧倒されました。

 

自分を誘拐した加害者との間に出来たジャックを産み、「部屋」に監禁されながらも必死に息子を育てる姿が目に焼き付いています。
外に出たのはいいものの次から次へと立ちはだかる困難にもまれながら、息子と一歩ずつ歩んでいく姿に心を打たれました。

 

自分がこの母親のような境遇になったとしたら、自分の子でありながらも加害者との間に生まれた子を本当に愛せるのだろうかと思いもしました。

ここ最近見た中で一番心に響いた映画でした。
まだ見ていない人、特に子供を持つ親御さんたちにぜひ一度見てもらいたいと思います。

 

広告