2017年3月25日公開の映画「未来よ こんにちは」DVDレンタルや発売日の情報をお知らせしています。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考にしています

 

「DVDレンタルや発売日がいつになるのか知りたい

このページはそんな方へ向けて書いています。

 

 

DVD発売日&レンタル

2018年2月2日(金)リリース

 

Sponsored link

 

ひつじさん

レンタル&発売日の速報を「LINE@」でお知らせしているよ

→通知を希望される方はお友達申請お願いします←

 

 

 

作品の詳細

出演者/役名

  • イザベル・ユペール/ナタリー
  • アンドレ・マルコン/ハインツ
  • ロマン・コリンカ/ファビアン
  • エディット・スコブ/イベット
  • サラ・ル・ピカール/クロエ

作品情報

  • 原題: L’avenir
  • 上映時間:102分
  • 配給:クレストインターナショナル
  • カテゴリ:フランス発、セカンドライフを彩る珠玉の人生賛歌
  • 検索:未来よ今日は

 

予告&あらすじ

「あの夏の子供たち」「EDEN エデン」などで注目されるフランスの女性監督ミア・ハンセン=ラブが、大女優イザベル・ユペールを主演に迎えて描くシニア世代の喜怒哀楽。

 

あらすじ

パリの高校で哲学を教えるナタリーは50代後半、二人の子供も独立し、教師の夫と充実した日々を送っていた。

 

 

ところが、バカンスシーズンを目前に控えたナタリーに、夫が意外な告白をする。

「好きな人ができたんだ」

…25年連れ添った夫との、まさかの離婚。

 

 

そして年老いた母も他界してしまい、仕事もスランプに。

教壇で彼女が読んだ哲学書にはこうあった。

「人生は欲望があれば幸福でなくとも期待で生きられる、幸福を手に入れる前こそ幸福なのだ」

ならば、人生を折り返した彼女は今どこにいるのだろう。

 

 

だがナタリーは、孤独で哀れな一人ぼっちでは終わらない。

人生は続く、進まなければ!!

 

もう少し詳しく

思い描いたものと違っても、ふとした瞬間に気付くことがあります。

かつて未来と感じた時空に、自分が立っていることに。

 

 

若さを失った時、それに見合った充足からも裏切られたら、あなたは背筋を伸ばしていられますか?

女性ならなおさら、時の推移を呪うかもしれません。

監督のミア・ハンセン=ラブは81年生まれ、ナタリーに己が未来を重ねるのは当然でしょう。

 

 

第66回ベルリン国際映画祭銀熊監督賞受賞の他、数々の映画祭で高く評価された本作。

ナタリーは自分のために花を買い、今という未来をしなやかに受け止めていきます。

それ以外に、さらなる未来は続かないから…。

 

 

凛とした中高年の悲哀と美しさを予感させる、自分のために観る映画。

今のうちに、或いはいずれ「さよなら」すべき未練を、この作品が教えてくれるかもしれません。

 

DVD

 

 

広告