「シティーハンター 新宿プライベートアイズ」DVDレンタル開始日や発売日はいつ?

2019年2月8日公開の大ヒットアニメ「シティーハンター」の20年ぶりの新作となる長編アニメーション映画「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ 」

Blue-ray/DVDレンタル開始日とBlue-ray/DVD発売日が決定しました。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考にしています

 

わんこ君

「DVD・Blu-rayレンタルと発売日決定しました

 

Sponsored link

 

Blue-ray/DVD発売日

みぃ姉

2019年10月30日(水)発売

 

【完全生産限定版特典】
■キャラクターデザイン・高橋久美子 描き下ろし三方背ケース&デジジャケット
■特製ブックレット(92P) 
■音声特典:スタッフオーディオコメンタリー
こだま兼嗣(総監督)/加藤陽一(脚本)/小形尚弘(プロデューサー)/若林 豪(プロデューサー)
■字幕:バリアフリー日本語字幕/“もっこり”かけ声応援上映会用歌詞字幕
■特典映像
・予告編&CM集
・ノンクレジットOP
・ノンクレジットED「Get Wild」フルスクリーンVer.
・舞台挨拶映像
■縮小版アフレコ台本
■イベント参加券・豪華商品が当たる応募ハガキ

Blue-ray/DVDレンタル

みぃ姉

2019年10月30日(水)レンタル開始

 

「シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」作品の詳細

北条司原作の伝説的人気アニメ「シティーハンター」のオールキャストによるオリジナルストーリーが、約20年ぶりの新作長編アニメーションとして劇場版で登場!

 

出演者/役名

  • 神谷明・・・冴羽リョウ
  • 伊倉一恵・・・槇村香
  • 飯豊まりえ・・・進藤亜衣
  • 山寺宏一・・・御国真司
  • 一龍斎春水・・・野上冴子
  • 玄田哲章・・・海坊主
  • 小山茉美・・・美樹
  • 大塚芳忠・・・ヴィンス・イングラード
  • 徳井義実・・・コニータ
  • 戸田恵子・・・来生瞳/来生泪
  • 坂本千夏・・・来生愛

作品情報

  • 主題歌:TM NETWORK
  • 原題:シティーハンター
  • 上映時間:
  • 制作年:2019年
  • 配給:アニプレックス
  • カテゴリ:帰ってきたXYZ、伝説のもっこりハードボイルドアニメーション!
  • 検索:プライベートアイズ

 

あらすじ

裏社会ナンバーワンの腕前を持つスイーパー・冴羽獠は、新宿に事務所を構え、相棒の槇村香と様々な依頼を受けている。

そこに、何者かに襲われたモデル・進藤亜衣がボディーガードの依頼で訪れた。

美女の依頼を快諾したい獠だが、撮影スタジオで更衣室を覗いたりの相変わらずな振る舞いから「時代の空気を読め」と香に怒られる始末。

それがシティーハンターの日常だった。

 

しかし亜衣がキャンペーンモデルを務めるIT企業の社長・御国真司は香の幼馴染み。

久々の再会からデートに誘われた香は…?

 

一方、海坊主と美樹は傭兵が新宿に集結するという情報を入手、同時に、冴子はある巨大な陰謀に直面しつつある。

運命が交錯するその時、シティハンターは依頼者と新宿を守りきれるのか!?

 

みどころ

うさこ

みどころです♪

アニメ放送30周年記念プロジェクトとして、平成最後に蘇る元祖シティーハンター!

1985年に『週刊少年ジャンプ』誌上で連載がスタートした原作漫画は、新宿で探偵業やボディガードを請け負うスイーパーの活躍を描くやや大人向けのアクションコメディ。

1987年に始まったテレビアニメが決定打となり、時代を象徴する大ヒット作品になりました。

 

裏社会で名を馳せるシティハンター・冴羽獠は出自に孤独を抱えた最強のハイスペック男ですが、異常なほどの女好き。

そんな冴羽獠のパートナーを勤めるのはボーイッシュな美女の槇村香。

「もっこり」というお茶の間を震撼させる表現と香の振るう100tハンマーで笑いを誘いながら、TM NETWORK最大のヒット曲「Get Wild」がフェードインしてEDが始まる手法がアニメ作品として先駆けで、今でも根強い人気を誇ります。

 

エンジェルハートから本来の世界線へ

その後も実写映画化やドラマ化など、さまざまな派生作品を生み出した「シティハンター」ですが、中でも印象的だったのは「エンジェル・ハート」シリーズ。

パラレルワールドとはいえ、事故死した槇村香の心臓が移植されたヒロインと獠との父子関係をメインとした物語はあまりにもドラマチックで切なく、胸に痛みを覚える内容でした。

 

本作では再び本来の「シティハンター」の世界線が採用され、時代設定のみサザエさん現象を取り入れつつ、あの頃のまま若くて元気な獠と香のやり取りが楽しめる点は感涙もの。

海坊主や冴子、美樹などのレギュラーメンバーも健在で、オリジナルの声優陣が結集する同窓会のような豪華布陣。

ゲストヒロイン役の飯豊まりえも「獣電戦隊キョウリュウジャー」のキョウリュウバイオレットとしての経験を活かし、見事な声の演技を披露しています。

 

香の幼馴染みの登場で二人の歯がゆい恋模様の変化が描かれるのか、それとももっこり重視で終わるのか!?

スタイリッシュなアクションシーンとのギャップも魅力で、心地よい余韻が予想されます。

20年ぶりの新たな軌跡が、タイヤを切り付ける夜にご期待ください。

 

原作マンガ

 

サウンドトラック

 

映画を観た方へアンケート

 

「 新宿プライベート・アイズ」はオススメできる?
  • 項目を追加する

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)