『二人とも未来のことはきちんと考えないとね。気を抜いてると、私と同い年になっているかもしれないわよ。』 図書室の先生と3人で、進路について話をしている。 読み返して、何て残酷なのだろうと思ったけれど、冗談まじりに返す彼女・・・