「キャプテン・マーベル」DVDレンタル開始日や発売日はいつ?

2019年3月15日公開のMCUでは始めて女性ヒーローが単独で主役となったアクションエンタテインメント映画「キャプテン・マーベル」DVD/Blu-ray(ブルーレイ)発売日、DVDレンタル開始日がいつになるのか最新情報をお伝えします。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考

 

わんこ君

「DVD/Blu-rayレンタル開始日がいつになるのか知りたい

「あらすじや予告チェックしておきたい」

このページはそんな方へ向けて書いています。

 

Sponsored link

 

DVDレンタル開始日

まだ公式発表がありませんので、収集したデータから予測しています。今までの流れだと・・・

2019年7月の見込み(早ければ6月)

情報が入り次第速報でお知らせします。

 

DVD発売日

レンタルと同時の見込み

 

データからレンタル開始日を予測

今作と同じ「ディズニー」が配給している作品を例に発売日を予測しています。

「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」

2018年6月公開→10月リリース
公開から4ヶ月

 

「リメンバー・ミー」

2018年3月公開→7月リリース
公開から4ヶ月

 

「プーと大人になった僕」

2018年9月公開→12月リリース
公開から3ヶ月

 

この流れからだと公開から3ヶ月~4ヵ月後にリリースされることが予測されます。

 

宅配・レンタル/動画配信

  動画 宅配
TSUTAYA 
ゲオ GEO 
DMM
U-NEXT  
FOD
VideoMarket

最新情報は公式サイトで確認
掲載情報確認日2019年1月28日

 

「キャプテン・マーベル」作品の詳細

「ルーム」でアカデミー賞主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン主演、「マーベル・シネマティック・ユニバース」通称「MCU」では初となる、女性ヒーロー単独主役仕様のサスペンスフル・バトル・アクション。

 

出演者/役名

  • ブリー・ラーソン
  • サミュエル・L・ジャクソン
  • ベン・メンデルソーン
  • ジャイモン・フンスー
  • リー・ペイス
  • ラシャナ・リンチ
  • ジェンマ・チャン
  • アネット・ベニング
  • クラーク・グレッグ
  • ジュード・ロウ

作品情報

  • 原題:Captain Marvel
  • 上映時間:
  • 制作年:2019年
  • 配給:ディズニー
  • カテゴリ:アベンジャーズ誕生秘話!記憶が爆発するアクション・エンターテインメント!
  • 検索:キャプテンアメリカ

 

みどころ

うさこ

みどころです♪

「マーベル・コミック」の実写映画を同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う「MCU」として通算21作品目となる今作は、女性が女性という概念に捉われない活躍を魅せるSF活劇。

マーベルコミックにはブラック・ウィドウ、ガモーラ、マンティス、スカーレット・ウィッチ、オコエ、ワスプ等の女性キャラクターが存在しますが、いずれも単独で「MCU」の主役を張ったことはありません。

 

そんな中颯爽と登場したのがキャプテン・マーベル

「アベンジャーズ」シリーズの第三弾「インフィニティ・ウォー」のラストに登場したポケベルが示唆していたのが彼女の存在で、満を持しての登場となりました。

しかし、空からビデオショップに墜落してきたキャプテン・マーベルには記憶がありません。

時は1995年、アベンジャーズ結成以前の時代で目を覚ましたキャプテン・マーベルの驚異的な力の秘密とフラッシュバックする記憶が、壮大な「MCU」世界に一石を投じ、波紋を広げます。

 

 

実は、原作コミックに最初に登場したキャプテン・マーベルは男性でした

本名はマー・ベルで、本作のヒロイン、キャロル・ダンバースの恋人。

デザインがスーパーマンに似すぎていたことから人気を得られなかった不遇のキャラクターですが、名前からしてマーベルの象徴的期待が込められていたことは明らか。

そんなキャプテン・マーベルから偶然にもヒーローの力を受け継いだキャロルはミズ・マーベルと呼ばれるようになり、後に6代目キャプテン・マーベルに就任します。

ミスとミセスを区別しないミズ・マーベルと呼ばれるようになったのは、1970年当時のアメリカでフェミニズムが盛り上がりをみせたため。

セクシーなコスチュームにも苦情が寄せられ、現行の露出の少ないものに切り替わっていったのは残念かもしれません。

ブロンドの美人ヒロインはDCコミックのスーパーガールに似た雰囲気がありますが、「MCU」の女性キャラはスカートは着用せず男性と同じ全身スーツがほとんどで、世相を反映しながら洗練されてきた歴史が見受けられます。

そんな「キャプテン・マーベル」の監督に女性が抜擢されたのも何かの縁でしょうか。

 

 

空軍士官学校を卒業後、CIAやNASAで勤務し、スパイダーマンと同じ新聞社にも努めていたキャリアの持ち主キャロル

スタミナや怪力に加えて飛行能力や予知能力まで持っていると噂のキャプテン・マーベルは、男性ヒーローと肉弾戦で戦える貴重な女性ヒーロー。

初期の脚本を担当したニコール・パールマンは空軍に問い合わせてキャロルの年齢で功績のあるパイロットとなる可能性の有無を追求。

当初オファーに戸惑ったという主演のブリー・ラーソンは役作りのために空軍基地を訪れた他、9カ月の特殊トレーニングを敢行してこれに応えました。

アベンジャーズの歴史に欠かせないニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンもデジタル処理によって約25年分若返った姿で登場。

ベン・メンデルソーンやジュード・ロウも出演し、世界はさらに広がりと深みを増していきます。

 

記憶を失った主人公が活躍する王道のストーリーは、「MCU」のコアなファンから「アベンジャーズ」のライトファン、そして本作ではじめてマーベル・ヒーローに触れる人まで誰でも愉しめる構造。

ミステリアスな新ヒーローの、過去と未来は必見です。

開かれた未知なる扉へ、いざ!

 

映画を観た方へアンケート

 

「キャプテン・マーベル」はオススメできる?
  • 項目を追加する

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)