2016年12月17日公開の映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のDVDレンタル・発売日(予約可能日)・動画配信の情報をお知らせしています。

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考にしています

 

 

DVDレンタル

2017年6月14日レンタル開始

 

DVD発売日

2017年6月21日に決定

 

→「ぼく明日」DVD豪華特典や最安値の比較はこちらです♫

 

※ここから下記はネタバレを含みます

Thank you as always.Please spend a good time in the movie.
Sponsored link1

 作品の詳細

出演者:役名

  • 福士蒼汰/南山高寿
  • 小松菜奈/福寿愛美
  • 山田裕貴
  • 清原果耶
  • 東出昌大/上山正一
  • 大鷹明良
  • 宮崎美子

作品情報

  • 上映時間:111分
  • 製作年:2016年
  • 配給:東宝
  • カテゴリ:今日の君とデートできないタイムファンタジー
  • ぼく明日 僕は明日 ボクは明日の

Sponsord Link

 

予告&ストーリー

 

「勝手にしろよ」と答えた上で、「いやいやちょっと待て」と考え直したくなる系タイトル映画というものがあります。

「僕は妹に恋をする」「ボクの妻と結婚してください。」「君の膵臓をたべたい」…そして今作、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」。


この矛盾を孕んだ題名が、根底に流れる何らかの愛情を表現し、興味を引くのです。


七月隆文による同名ベストセラー小説を、「僕等がいた」「ホットロード」「アオハライド」「青空エール」など、数々の原作付き青春ラブストーリーを手がけてきた三木孝浩監督が映画化。

そのラインナップから今作への適性は瞬時に分かるので、実はあらすじを確認する必要すらありません。

どれか1本でも気に入ったことがある方なら、安心してキュンキュンできそうです。
尚、おそらく今作に一番毛色が近いのは、ファンタジー要素のある「陽だまりの彼女」でしょう。

主演はメガネをかけていかにもイメチェンしましたという体の福士蒼汰。
旬のイケメン俳優としてたくさんの作品に出演していますが、そろそろ何らかの脱皮が欲しいところ。
共演は今最も勢いのある女優のひとり、小松菜奈です。

京都の美大に通う福士演じる主人公の高山高寿は、電車内で出逢った小松演じる福寿愛美に一目惚れします。勇気を出して声をかけ、また会う約束をとりつけた高寿でしたが、突然泣き出す愛美に戸惑ってしまうのです。

メインの2人に両方とも「寿」の文字が入ったたいへんおめでたいカップルが、京都の風光明媚な景色を背景に甘く切なく上品な恋模様を紡ぎ出す…だけの作品ではありません。


それは、なぜぼくが今日のきみとデートできないのか、という問題に起因します。

恋愛ものというのは、結ばれない、報われない、成就しないからこそ切なく盛り上がるもの。この2人が乗り越えねばならない障害とは何でしょうか。
身分?国境?病魔?記憶喪失?ガンコオヤジ?

それは時間軸。
電話越しに愛美は、高寿が想像もし得なかったある秘密を打ち明けます。

タイムファンタジーはルールの把握が面倒で、どこかにパラドックスが生じないか観ている側も疲れてしまうことがありますが、そんな心配はいりません。

2人が流す涙は、きっと時空のズレよりも、心が離れてゆくことへの抵抗だから。

脚本は三木作品ではお馴染みの吉田智子。
「アオハライド」以来で東出昌大が出演し、新境地のおちゃらけた親友役を楽しそうに演じ、なかなかの長身コンビっぷりを発揮しております。

たった30日の恋。
きみとぼくの交差する世界を、ほんの二時間、ご静観ください。

Sponsord Link

主題歌&サントラ

マンガ&文庫

こちらもおすすめ

梶尾真治の『時尼に関する覚え書』

美亜へ贈る真珠―梶尾真治短篇傑作選 ロマンチック篇に入っています。

小説だとどっちが面白い?(複数可)

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 

アンケート

福士蒼汰さん出演映画で皆さんに是非見て欲しいおすすめ映画は?(複数可)

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 

映画の感想

原作が面白かったので映画を見に行きました。
原作反映度という点ではかなりのものだと思います。

原作ファンの方でも十分楽しめる内容です。
映画みてがっかりすることはないですよ。

ただし、主演コンビが苦手という人はやめたほうがいいかもしれません。
原作に思い入れが強い人の場合、「イメージと違う」と思ってしまうと、そこからはなかなかきついものがあります。

また、映画で初めてこの話を見るという人には、ややこしい話なので注意したほうがいいと思います。
原作を良く知っている人や、理解力が高い人と一緒に行って説明してもらわないとどんな話か理解できないということもあり得ます。

単純に泣きたいという人は、別の映画に行ったほうがいいかもしれません。
話を分かっている人には、きちんと泣ける映画だと思います。

難しい映画やストーリーを追える人にはおすすめです。

神奈川県 40代 男性


まず、映画を見た全体の感想としてはとても面白かったです。


キャストやシナリオなどもとても手が込んでいて、本気で作っているんだなということが伝わってきました。


私は原作も読んでいたのですが、やはり原作と比べると映画でどう表現するんだろう、見てみたいな、と思っていた部分がカットされていたりもしました。それは一部であり、全体としてはとても原作を良く再現できているなという風に感じました。


原作を再現していつつも、自然な感じで原作にはないエピソードが入ってきていたりもしていて、なんだか良いものを見れたなという風に感じました。


良くない作品の場合は、映画オリジナルエピソードなどはいまいちなものが多いのですが、この映画はとても良い感じでオリジナルのエピソードを入れているな、と感じました。


ストーリーとして少し頭を使わないと理解できないところもあり、見ていて疲れるなという感じもありましたが、全体としては良い映画に仕上がっています。

愛知県 30代 女性


→人気アニメが月額933円(税抜)で見放題!今すぐ<Hulu>無料視聴!

※配信動画は毎月更新されます。登録前にお目当ての作品が配信されているかチェックして下さいね

→新作動画配信の<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!



忘れていたあの映画レンタルされているかも!
→【2017年】DVDレンタル・発売日 決定一覧

広告