「アリー スター誕生」DVDレンタル開始日や発売日はいつ?【レディーガガ】

2018年12月21日公開のブラッドリー・クーパーが初監督としてメガホンをとり、レディー・ガガと共に主演する本命音楽グラフィティ映画「アリー スター誕生」DVD/Blu-ray(ブルーレイ)発売日、DVDレンタル開始日がいつになるのか最新情報をお伝えします。

 

※TSUTAYA(ツタヤ)やGEO(ゲオ)でのレンタルを参考

 

わんこ君

「DVD/Blu-rayレンタル開始日がいつになるのか知りたい

「あらすじや予告チェックしておきたい」

このページはそんな方へ向けて書いています。

 

Sponsored link

 

DVDレンタル開始日

まだ公式発表がありませんので、収集したデータから予測しています。今までの流れだと・・・

2019年4月の見込み

情報が入り次第速報でお知らせします。

 

 

DVD発売日

レンタルと同時の見込み

 

 

動画配信

2019年3月の見込み

 

 

データからレンタル開始日を予測

今作と同じ「ワーナー・ブラザース映画」が配給している作品を例に発売日を予測しています。

「ジオストーム」

2018年1月公開→5月リリース
公開から4ヶ月

 

「鋼の錬金術師」

2017年12月公開→4月リリース
公開から4ヶ月

 

「レディ・プレイヤー1」

2018年4月公開→8月リリース
公開から4ヶ月

 

この流れからだと公開から4ヶ月後にリリースされることが予測されます。

 

 

宅配・レンタル/動画配信

  動画 宅配
TSUTAYA 
ゲオ GEO 
DMM
U-NEXT  
FOD
VideoMarket

最新情報は公式サイトで確認
掲載情報確認日2018年11月14日

 

 

作品の詳細

 

これまでに3度映画化された名作をクリント・イーストウッドから受け継いだ「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパーが初監督としてメガホンをとり、レディー・ガガと共に主演する本命音楽グラフィティ。

 

出演者/役名

  • レディー・ガガ・・・アリー
  • ブラッドリー・クーパー・・・ジャクソン・メイン
  • アンドリュー・ダイス・クレイ・・・ロレンツォ
  • デイブ・チャペル・・・ジョージ・“ヌードルス”・ストーン
  • サム・エリオット・・・ボビー
  • アンソニー・ラモス・・・ラモン
  • ラフィ・ガブロン・・・レズ・ガヴロン
  • ルーカス・ネルソン・・・ギタリスト

作品情報

  • 原題:A Star Is Born
  • 上映時間:136分
  • 制作年:2018年
  • 配給:ワーナー・ブラザーズ映画
  • カテゴリ:女優レディー・ガガの覚醒!歌姫が演じるシンデレラ・ストーリー
  • 検索:スタア誕生

 

あらすじ

歌手になって音楽業界でスターになることを夢見る女性、アリー。

なかなか芽が出ずいるアリーは周囲から容姿まで否定されて自身喪失、小さなバーで細々と歌いながら日々を過ごしていた。

 

そんなある日、世界的ロックスターのジャクソンとの運命的な出会いを果たしたアリー。

ジャクソンはアリーの歌に惚れ込み、彼女のデビューを華々しく演出。

等身大の自分のままでショービジネスの世界に飛び込んだアリーだったが、瞬く間にスターダムを駆け上がる。

 

激しい恋に落ち固い絆で結ばれる二人。

しかし、全盛期を過ぎたジャクソンの栄光が次第に陰りはじめて…!?

 

 

みどころ

うさこ

みどころです♪

これまでにアメリカで3度映画化された「スタア誕生」を、21世紀の歌姫レディー・ガガの初主演映画としてリブート。

すでに先行上映されたベネチア国際映画祭やトロント国際映画祭で話題を集め、米国最大の批評サイト「Rotten Tomatoes」でも96%という高得点を記録。

 

奇抜なメイクやファッションでも話題を集めたレディー・ガガだけに、その素顔にはあまり馴染みのない人も多いですが、アリーの歌声を聞けば説明はいりません。

本年度アカデミー賞最有力候補とまで目される一方、音楽の頂点たるグラミー賞の受賞も囁かれ、レディー・ガガの圧倒的スター性と歌唱力はほとんど反則レベルです。

 

 

レディーガガの見事な立ち振舞は一見の価値あり

また、アリーの生い立ちがレディー・ガガの半生と容易にリンクするため、観る者にそれが高度な芝居なのか、素の立ち居振る舞いなのか悟らせない見事な女優ぶりは一見の価値あり。

その存在感は役者としての完成、もしくは生涯最初で最後の究極の当たり役を目の当たりにしていることを我々に予感させるに十分。

元バンドマンや音楽的素養の持ち主が優れた演者である事例は少なくなく、広義で捉えれば歌と映画は等しく芸術であり表現であり、文化であるといえるのでしょう。

 

 

芸能の継承がテーマとして作品を貫いていることが伝わる

実は本作はクリント・イーストウッドが映画化する予定で進められていた企画。

「アメリカン・スナイパー」でイーストウッドとタッグを組み、最新作「THE MULE」でも共演するなど信頼の厚いブラッドリー・クーパーが引き継ぎ、初監督作としてメガホンをとりますが、自身もジャクソン役で好演。

クリント・イーストウッドも希代の名優にして名監督という稀有な人物ですが、クーパー監督の仕事ぶりから、男女間の恋愛感情とは別に、芸能の継承がテーマとして作品を貫いていることが伝わります。

 

 

アリーの覚悟が観るもの全ての心に響く

「ラ・ラ・ランド」や「グレイテスト・ショーマン」など、ショービジネスを扱ったヒット映画が後を絶ちませんが、本作のライブシーンの臨場感は話題作「ボヘミアン・ラプソディ」に匹敵。

ジャクソンのセクシーなシャウトと、アリーの選ばれし歌声、そして人生そのものと言わんばかりの音楽的高揚。

ジャクソンの愛とアリーの覚悟が観るもの全ての心に響く絶唱エンターテインメント、開演です!

 

 

Sponsored Links

 

 

主題歌&サウンドトラック

 

 

映画を観た方へアンケート

 

「アリー スター誕生」はオススメできる?
  • 項目を追加する

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)