あらすじ

映画は、主人公の高校生、大介(神木隆之介さん)が高校の修学旅行中のバスの中で、片思いの女子と隣が席になり、これからという時に、乗っていたバスが転落する事故に遭います。

乗っていた生徒たちの中の一人大介だけが死んでしまう所からはじまり、片思いの同級生・ひろ美ちゃん(森川葵さん)に気持ちを伝えてキスするまではと、現世に戻り人間に転生するチャンスを目指し、地獄めぐりを進めて行く〈生き返りストーリー〉です。

監督は、宮藤官九朗さんで、出演は長瀬智也さん、神木隆之介さん、桐谷健太さん、古田新太さん、荒川良々さん、宮沢りえさん、シシド・カフカさん、尾野真千子さん、森川葵さん、清野菜名さん、皆川猿時さん、清さん、古舘寛治さん、その他です。

Thank you as always.Please spend a good time in the movie.
Sponsored link1

映画の感想&レビュー

 

修学旅行中のバスの転落事故の後、大介が目覚めるシーンから景色が一変して、深紅の地獄の世界に変わり、ドクロが転がり、登場するキャラクターたちも地獄の住人の衣装やメイクで、元の役者さんのイメージと全くの別人になっていて、演技にもリアル感がありました。

 

大介が地獄めぐりをしていく中で、次々に出会う地獄の住人たち、特に、長瀬智也さん演じる赤鬼のキラーKは、地獄農業高校の軽音学部の顧問の先生で、地獄専属ロックバンド、地獄図(ヘルズ)のボーカル兼ギターを担当しているキラーKは、大介をギターとして引き入れ、地獄に落ちてきた彼に生き返り方の鬼特訓をします。
他のメンバーには、地獄の緑鬼のCOZY(桐谷健太さん)がドラマーを、地獄の鬼の邪子(清野菜名さん)がベーシストに扮していて、独特のキャラクターが地獄を演出しています。
ライブでは鬼ギターをかき鳴らして、地獄界のMOJA(亡者)と呼ばれるオーディエンスたちを熱狂させ、興奮すると、身体が巨大化し、メンバーとの一体感は、観ている客席の私たちまで盛り上がりました。

 

神木隆之介さん演じる大介は、死ぬ前までの高校生活では、自分中心で、SNSなどでは、「死ぬ」「死にたい」「テスト最悪もう死ぬ」とつぶやいていたり、高校の軽音楽部では「スーサイド」という曲まで演奏していたため地獄に落ちて、最も重い罪「自殺」と判断されてしまいます。

赤鬼キラーKの鬼特訓を受ける羽目になるまでの流れが、神木さんの演技のおもしろさに自分のまわりの人を思い浮かべて、思わず「ああ、いるいる。」とつぶやきそうでした。

 

古田新太さん演じる閻魔大王・えんま校長や、仏を演じる荒川良々さん、神を演じる瑛蓮さん、その他のキャストの顔ぶれやアドリブの演技、ストーリー展開に、宮藤官九朗監督の凄さを感じました。