2016年3月12日公開の映画「アーロと少年」のDVDレンタル&動画配信&発売日をお知らせします。

 

DVD発売日

2016年7月6日(水)に決定!

 

DVDレンタル

2016年7月5日(火)に決定

 

※ここから下記はネタバレを含みます

Thank you as always.Please spend a good time in the movie.
Sponsored link1

作品の詳細

  • 監督:ピーター・ソーン

出演者:役名

  • レイモンド・オチョア:アーロ
  • ジャック・ブライト:スポット
  • ジェフリー・ライト:アーロのパパ
  • フランシス・マクドーマンド:アーロのママ
  • マーカス・スクリブナー:バック
  • マレア・パディーヤ:子ども時代のリビー
  • サム・エリオット:ブッチ
  • A・J・バックリ-:ナッシュ
  • アンナ・パキン:ラムジー
  • スティーブ・ザーン:イナズマドカン
  • ピーター・ソーン:フォレスト

作品情報

  • 原題:The Good Dinosaur
  • 上映時間:93分
  • 製作年:2015年
  • 配給:ディズニー
  • 主題歌:Kiroro「Best Friend」
  • 公開日:2016年3月12日

Sponsord Link

予告&ストーリー

3きょうだいの中でも体が小さな末っ子アーロは、甘えん坊で臆病な性格のため、常にみんなにからかわれていた。

アーロは体が大きい兄や姉たちに少なからず劣等感を抱いていたが、両親の深い愛情に包まれてすくすくと育っていく。だが、ある日、アーロは川の急流にのまれ、たった一人で見覚えのない場所にたどり着き……。


→新作動画配信の<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

日本版主題歌

Kiroro「Best Friend」 名曲は色あせないですね。今聞いても素敵な曲だと思います。

次回のピクサーアニメは?

2016年7月16日公開の「ファインディング・ドリー

ファインディング ドリー 映画 画像

忘れん坊のドリーが主役です。ただ一つ忘れなかった記憶から物語が始まります。

思い出したのか思い出した「大切な思い出」ってなんだろう。

→ファインディング・ドリーの詳細はコチラからどうぞ

 

映画の感想

この映画の感想を一言で言うと、ディズニー的なおとぎ話です。
恐竜の子供と人間の子供が種族の壁を越えて力を合わせて目的を果たす、そんな感じの物語です。
ただひとつだけこの映画が変わっている点は、
人間が人間と言うより、犬や狼のようになっているところです。

昔から心優しい少年、あるいは少女と未知の生命体(宇宙人やモンスター)が出会って、
始まる物語はたくさんありますが、その場合人間側が文明的で、未知の生命体側が野生的、あるいは神秘的です。
このアーロと少年では、恐竜が人間のように生きているかわりに、人間が狼のように生活しています。
(なので少年スポットは言葉も話せず四つ足で歩きます)
なので人間の少年側にあまり心優しさは感じません。むしろ野性味を感じます。

謎の恐竜を助けていることを考えると、この少年、心が優しいことは間違いありませんが、
野生的なインパクトの方が勝ります。
なのである種独特の映画となっています。

ただ、映画の根っこのところは王道の映画です。
弱かった主人公の恐竜が友情パワーに目覚め、人間の少年と助け合いながら家族の元へ帰って大団円という、
実にディズニー映画らしい終わり方です。

 

設定が少し変わった映画ではありますが、
予想を裏切ってとんでもない方向に行ったりはしないので、
安心して見る事が出来る映画です。
なのでこの映画は佳作のひとつと言えるでしょう。

 

映画を自宅で今すぐ観るなら下記からどうぞ!

→新作動画配信の<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

→睡眠不足注意!読むと止まらなくなる「超」楽しい原作漫画はコチラから(2016年版)