【男性必見】20代女性が彼氏と自宅で鑑賞したい映画3選☆お部屋デートで失敗しない方法

[記事公開日]2016/12/12
[最終更新日]2017/01/20    

総閲覧数 567 views

「はじめてのお家デートで悩む!」

「雰囲気をうまく作るには?」

「サプライズや下準備が苦手!」

という男性も多いはず。
それでも、家に招いたデートで失敗はしたくないですよね!

 

どうしても引かれたくない!
ミスを犯せない!
失恋したくない!

と思っている男性の方へ、これまでの経験を踏まえ、26歳のテンスイが女性の視点からお伝えしていきますね。

Sponsored link

【映画を観賞する前に・・・】

映画館で鑑賞する場合は、薄暗い雰囲気、迫力のサウンド、映像美など、デートを盛り上げてくれる要素が複数あるものです。
ポップコーンや手軽なスナックをシェアして、映画を楽しむカップルも多いと思います。

しかし、自宅で映画を観賞する場合の多くは、サウンドや映像美に限界があるものです。
もちろん、最初の自宅デートが肝心と考え、高価なウーファーなどを購入して、雰囲気を作るのも一つの手ですが、もっとシンプルに自然にキメる事をオススメします。

 

たとえば
インテリアに合った間接照明やイスを準備したり、鑑賞しながら片手間に食べられる物を用意して下さい。
もし可能であれば、2人掛けソファを用意してもよいでしょう。

このように、音響や映像に莫大な金額をかけるよりも、私生活でも活躍する物を選択した方が、自然でありながらバッチリ雰囲気を作れるはずです。

 

片手間に食べられる物は、女性の好みにもよりますが、市販のポップコーンやスナックで十分です。皿などに移した物を用意すると、雰囲気が出るでしょう。

ちなみに、市販物をそのまま出すのはイメージダウンになりかねないため、注意が必要です!

これらの事前のチェックポイントを踏まえた上で、映画3選をご覧ください!

 

【トワイライトシリーズ】

純愛映画として名高い作品であり、人間女性とヴァンパイアの禁断の恋という部分にスポットライトが当てられています。

同作品は
「トワイライト~初恋~」

「ニュームーン/トワイライト・サーガ」

「エクリプス/トワイライト・サーガ」

「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンpart1」

「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンpart2」

という順番でシリーズ化しております。

1作が約120分になりますので、シリーズ全てを観ると、実に600分・・・約10時間を超えてしまいます。
そのため、その日のうちに全作品を観る事は難しいと思われますが、続きが気になればなるほど、映画は止まらなくなるものです。

集中力や体力に限界がなければ、程よい休憩をはさんで、一気見をしてもよいかもしれません。
または、続きは次のデートに・・・と持ち込むのもよいでしょう。

 

トワイライトが純愛映画として名高い作品という事は冒頭でも触れましたが、男性の多くは恋愛映画が苦手ではないでしょうか。
男性によっては、眠気が襲ってくる、面白味が分からない、という事も多々あると思います。

しかし、トワイライトの登場人物は「人」と「ヴァンパイア」です。
非現実的な組み合わせということは、波乱に満ちた恋になることは必至!

話が進めば進むほど、シリーズが終章に近づけば近づくほど衝撃的な展開が待ち受け、男性でも目が離せなくなってしまいます。

 

トワイライトが男性でも鑑賞しやすい点の一つとして、ヴァンパイアの身体能力を活かしたアクションシーンが見どころになるでしょう。
シリーズを重ねるごとにアクションシーンも増えてくるため、中だるみがありません。

鑑賞後には、話が盛り上がると思いますし、男性・女性どちらにも負担のかからない作品で見やすいと思います。

【パイレーツ・オブ・カリビアン シリーズ】

ご存知の方も多いと思われる名作になります。
サウンドを聞いて「あ、これはあの映画の・・・」と思う事もあるのではないでしょうか。

パイレーツ・オブ・カリビアンの代名詞とも言える、テンポよいサウンドの一つ「He’s a pirate」は、今でもテレビや街中で耳にします。
ワクワクドキドキするサウンド一つ一つに加え、キャストの演技にも注目したいのが、同作品です。

 

キャストには、ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイと、映画好きであれば一度は耳にする面々がキャラクターを演じています。

そして、海賊として名高いジャック・スパロウ、鍛冶屋であるウィル・ターナー、総督のひとり娘エリザベス・スワンという主要キャラクターに加え、魅力的な味方と敵キャラクターが、ストーリーを盛り上げています。

パイレーツ・オブ・カリビアンは雰囲気を盛り上げてくれるサウンドとストーリー展開、アクションシーンのドキドキを楽しめる作品として人気です。
また、オーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーと、キーラ・ナイトレイが演じるエリザベス・スワンの恋の行方にも注目で、アクションとラブストーリーを同時に楽しめます。

 

同作品では、アクションとラブストーリーも必見ですが、ぜひギャグにも注目して頂きたいです。
シリーズを増すごとに、アクションが激しくなり、ラブストーリーが熱くなり、ギャグも派手になっていき、シリアスな展開も待ち受けています。

ひとりで観るよりも、好きな人と鑑賞して盛り上がった雰囲気を楽しみたい、という女性も多いので、ぜひ一緒に鑑賞してみてはいかがでしょうか。
海賊が好き、アクションが好き、程よいラブストーリーが好きという方には、本当にオススメの作品です!

【ドクター・ドリトル シリーズ】

ドクター・ドリトルは、エディ・マーフィが主役を演じるコメディ作品。

エディ・マーフィと言えばコメディ映画!彼が出演する映画はおもしろいと評判です。
ドクター・ドリトルシリーズも評判通りの傑作コメディとなっています。


物語のあらすじを少しだけ紹介します。

エディ・マーフィ演じるジョン・ドリトルは、幼少期に動物と話せる超能力がありました。

しかし、動物と会話できる超能力を異常と思った父親は、話し相手の愛犬を引き離してしまいます。
離ればなれにされたショックで、彼は超能力を使わなくなったりました。

大人になったジョンは、医師として活躍する一方で、妻と2人の娘に恵まれ、忙しい日々を送っていました。

そんなある日、病院から車で帰っている途中、ジョンは不注意により野良犬を轢いてしまいました。
野良犬は傷を負った形跡もなく起き上がり「気を付けろ!マヌケ野郎!!」と怒鳴りつけて去ったのでした。

野良犬の言葉がキッカケとなり、可愛い動物たちがジョンやその家族を巻き込んだ騒動を起こしていくのです。


見どころは、コミカルな個性をもった動物たちとジョンのやり取りです。
映画では犬以外にも様々な種類の動物が登場するため、動物が好きな女性には嬉しい作品でしょう。

笑えたり楽しいシーンが多いので、カップルで鑑賞するには最も向いているコメディです。

動物だけではなく、幼少期から超能力を封印していたジョンがどのように力と向き合っていくのか、という点も見どころになります。

 

家族でさえ超能力を知らないため、ジョンはその存在を必死に隠すのですが、次第に心が揺らぎ、超能力に対して様々な葛藤をしていきます。

アクションやラブロマンス映画よりも見やすい内容になっていますので、深い事を考えず楽しい雰囲気を作りたい、とにかく笑いたい、という方にオススメです。

【鑑賞を終えて・・・】

今回は「【男性必見】20代女性が彼氏と自宅(部屋)で鑑賞したい映画3選」としてご紹介させて頂きました。

実際は、女性が一緒に鑑賞したい映画を的確に見つけるのは難しいと思います。
しかし、多くの女性が重きを置いているのは、一緒に鑑賞して楽しむ事ができるか、という点です。

そこで、男性が進んで映画を選択し、彼女と鑑賞する際には、相手の好きなジャンルを一つでも把握しておくことが大事だと思います。
また、観賞後は映画の感想などを中心にした話題で盛り上がる事で、一層楽しめるのではないでしょうか。

 

彼女の好みが分からないという男性は、今回紹介したラブロマンス・アクション・コメディの3選をオススメします。

彼女の反応を伺いつつ、次回以降の為に好きそうなジャンルや作品を探してみてはいかがでしょうか。

Sponsored link

この記事を書いた人

テンスイ映画中毒者
映画の中でも、洋画を中心に、海外ドラマなどを中毒者扱いされるほど、長時間鑑賞しています。
みなさまにオススメの映画だけでなく、映画の深イイところをお伝えしていきたいと思っております。