あらすじ

昭和時代の最後の1週間にあたる昭和64年に起きた未解決誘拐事件と、新たに発生した類似の事件の謎に迫る。

県警の広報官を演じる佐藤のほか、綾野剛、榮倉奈々、永瀬正敏、三浦友和ら豪華キャストが集結。

事件の行く末はもちろん、警察と記者クラブとの摩擦や警察内の対立、主人公の娘の行方など怒とうの展開に目がくぎ付け。

※ここから下記はネタバレを含みます

Thank you as always.Please spend a good time in the movie.
Sponsored link1

映画の感想&レビュー

映画「64」前・後編共にみました。見応えのある映画でした。
NHKでドラマをしていましたが、はっきり覚えていなかったので、映画を見ながら、「どんな内容だったかな」「あれ?64の犯人って誰?」と最後まで、真剣に見入ってしまいました。

 

「64」を模倣した少女誘拐事件の真相には、びっくりしました。ただ娘をなくした親の想い、執念、いまだ「昭和64年」から時間がとまっている、その親御さんの姿に、親の愛の大きさを感じ涙がとまりませんでした。
その娘を亡くした父親を演じた永瀬さん、名演でした。

 

電話帳を一件一件たどり、電話をかけていく。「64」の犯人声を知っているのは、唯一永瀬さん演じる父親だけだから。そしてその声にたどり着いたときの気持ちはどういうものだったのでしょう。

 

そして、「64」の犯人である緒方直人さん演じるスポーツ店の店主。後篇では、その店主の娘が誘拐されたという事件が起こり、それが「64」そっくりだということでしたが、結局狂言誘拐でした。その狂言誘拐を行ったのは、永瀬さんではなく、当時「64」に関わっていた刑事の一人。

 

吉岡さんが演じる刑事でした。吉岡さんが緒方さんに電話をするときには声を変えて電話していましたが、ヘリウムガスがどんどんなくなり、最後には吉岡さん自身の声になってしまうところが、なんとも。。。という感じでしたが。
そしてその後の、「犯人を『昭和64年に引きづり戻す』」という三浦さん演じる警察の執念にも感動しました。時効がせまっていたこともあり、まさに警察の執念でした。

 

もちろん犯人が捕まったからといって、殺されてしまった少女が戻ってくることはありませんが、人の命を奪い、多くの人を傷つけておきながら、処罰もされずに時効を迎えようとしていた犯人が捕まったことは、本当によかったです。
この映画、もちろん原作もすばらしいのだと思いますが、よくぞこのメンバーが集結したなと感じずにはいられないぐらいの、豪華メンバーでした。