あらすじ

柔道で鍛えた力を買われて、北海道警察の刑事になった諸星要一(綾野剛)。

裏社会に入り込んでS(スパイ)をつくれという、敏腕刑事・村井の助言に従い、Sを率いて「正義の味方、悪を絶つ」の信念のもと規格外の捜査に乗り出す。

こうして危険な捜査を続けていった諸星だったが……。

Thank you as always.Please spend a good time in the movie.
Sponsored link1

感想&レビュー

良い意味で想像を裏切られました。私が今作をみた理由は、白石和彌監督の前作『凶悪』が印象的な作品だったからです。

 

昨今韓国映画の代名詞になっている過激な暴力表現は本来日本映画の専売特許だったはずという思いからファミリー向けの中庸な作品が大半を占める邦画界に放った『凶悪』は鑑賞後の爽快感とは程遠い救いのない陰惨で過激な内容でしたが、それだけに心にのこる作品になりえました。
 

その白石監督の次回作であり、『凶悪』と同様に実際の事件を題材にしているとあって、それなりの心の準備をして観賞に望んだのですが、今作『日本で1番悪い奴ら』は前作に通じる過激さを残したまま更に一歩進んだ作品になっていました。
 

今作はエンターテイメントです。もちろん白石監督の作品なので毒にも薬にもならない巷に溢れるエンターテイメント作品とは一線を画しています。
北海道警察史上最悪といわれる事件を題材に汚職警官を主人公に据えたのですから家族連れが笑顔で観賞するのは難しいかもしれません。
しかし、随所に散りばめられたブラックな笑いは『凶悪』のテイストを残したまま観客を楽しませようとした監督の意図を感じます。
 

実在の事件を扱っている性質上、ストーリーテリングで伏線を張り巡らしたり工夫を凝らす余地があまりないので物語が淡々と進んでいく印象もありますが、そうした淡白な部分も”実話である”という大前提を忘れずに見ていれば、作劇上の失敗ではなく現実に存在した”凪の時間”として意味を持って受け止めることができます。
 

そして、北海道警察を扱った映画でありながら大半が三重県で撮影されたという事実からも映画と現実の境界線を曖昧にする何かを感じ取ることができます。
正義に燃える警察官が汚職に手を染めて暗部に沈んでいく衝撃な内容は、それを演じる役者の力量次第では白々しいものになりかねませんが、今作のキャスティングは完璧でした。
20代の正義に燃える新人警官から40代の汚れきったベテラン刑事までを演じきった綾野剛の振り幅のある芝居を筆頭に、本物のヤクザにしか見えない中村獅童やピエール瀧の怪演などそれぞれの役者が良い味をだしていました。

 

綾野剛が覚せい剤を使うシーンなど、ドキュメントのようにさえ見える迫真の演技は必見です。
そして正義のために汚れていった諸星の姿に、『凶悪』とは違った種類のやりきれなさがあり、つまりは今作もまた心にのこる作品なのです。