先月くらいにプーケットへ旅行した時にジャンクセイロンというショッピングセンターの映画館で先取りしました。
今回私は初めてヒーローものの映画をみましたが、なかなか大人向けの内容でびっくりしました。

ちょっとグロいアクションシーンから始まり、アクションはすごいんですが敵が殺されるシーンは慣れていないとちょっとだけきついですね。

Thank you as always.Please spend a good time in the movie.
Sponsored link1

その後デッドプールというヒーロー(?)が誕生するまでの物語が回想されます。
その中でデッドプールの最愛の彼女と出会いがありますが、その思い出のシーンがほとんど大人向けで友人と一緒に見るのはちょっと恥ずかしかったですね。年齢制限があるので注意が必要でした。
 
それでも彼女とデッドプールの愛をうらやましいと思いました。
その後にデッドプールはガンの余命宣告を受けてしまいますが、彼女の思いには胸が張り裂けそうでした。

 

その後デッドプールは、ガンを治せるという悪者に騙されて、彼女に黙って悪者のところに行ってしまいます。
私が新婚で、幸せ絶頂期にガンになったら彼と同じように藁をも掴む気持ちで何でも頼ってしまうでしょう。
でもやはり彼女の気持ちを思うとすごく切なかったです。

 

そして、デッドプールは彼の意志とは無関係に悪者の元で不死の身体、傷つけてもすぐに回復するという身体への改造をされます。
その過程で皮膚がただれてしまい、顔がひどい状態になってしまいます。
 
ちょっとこの辺のシーンもグロいので注意です。顔がただれてしまったために、デッドプールは彼女と会わずに見守っていますが、この時は彼女の気持ちに同情しつつ、デッドプールの気持ちにも考えさせられました。

Sponsord Link


 
私もニキビが出来ただけで誰にも会いたくなくなるので 家にこもりっきりになりますから。最愛の人にその顔を見られて拒否されたら生きていけないですもんね。
でも、仲間の手助けによって悪者をきっちり倒したり、最後で最大の戦いのシーンはスケールやアクション共に見応えたっぷりです。
 
最後の戦闘シーンでは彼女も無事に助けることが出来て、更に顔をちゃんと見せて受け入れてくれるところまで見られるので、気持ちよくすっきり見終わりました。
 
全体的にコメディー調で切ないストーリーながらも基本は明るい気持ちで見られます。
 

→「デッドプール」のDVDレンタル&動画配信情報はコチラからどうぞ