「2016年上映の映画感想」の記事一覧

「ウォークラフト」映画の感想&レビュー。予想以上にクオリティが高くて壮大な物語の序章

2016年上映の映画感想 映画の感想
ウォークラフト 画像

※ネタバレを含んでいます 感想&レビュー ゲーム原作映画だったのですね。海外では結構有名みたいですが、私はこの映画で初めて知りました。 公式サイトに「それは生きるための選択」と書いてあったが、まさにその通りの内容でした ・・・

「インデペンデンス・デイ リサージェンス」映画の感想&レビューとあらすじ。スケールが大きく痛快で、どこまでも派手な王道作品

2016年上映の映画感想 映画の感想
インデペンデンス・デイ リサージェンス 映画 画像

あらすじ エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、およそ30億人もの命を失いながらも勝利を収めてから約20年が経過した。人類はさらなる襲来に備えようと、エイリアンが残した宇宙船の技術を転用した地球防衛システムを作り上・・・

「セトウツミ」映画の感想&レビューとあらすじ。遠い昔に感じていた、人生の中でかけがえのない楽しかった時間でした

2016年上映の映画感想 映画の感想
セトウツミ

あらすじ 性格は正反対だがどこかウマの合う高校2年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後にいつも河原で話をしながら暇つぶしをしている。くだらない言葉遊びや、思いを寄せる女子へのメールの内容、時にはシリアス・・・

「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」の感想&レビューとあらすじ。エンターテイメントとして間口が広がったことで子供も楽しめる

2016年上映の映画感想 映画の感想
アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅

あらすじ ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶アブソレムにマッドハッター(ジョニー・デップ)のことを聞いたアリス(ミア・ワシコウスカ)。 マッドハッターは、ワンダーランドで死んだ家族の帰りを待って・・・

「植物図鑑 運命の恋拾いました」映画の感想&レビュー☆冷たい炭酸飲料のようにスカッとした恋愛を見たいという方にはお薦め

2016年上映の映画感想 映画の感想
植物図鑑 運命の恋、ひろいました 画像

とてもストレートな恋愛劇で女性の妄想を実現したような物語です。 不動産屋で働くOLが日々の生活に追われているうちに人生の喜びや生きる意味を見失ってしまったとき、マンションのまえで一人の男性(美青年)を拾います・・これが真・・・

「トリプル9」映画を観た感想&レビューとあらすじ。アトランタ治安悪すぎ!ギャングの裸率高すぎの映画でした

2016年上映の映画感想 映画の感想
トリプル9 裏切りのコード

あらすじ アメリカ・アトランタ。元特殊部隊員と悪徳警官たちで編成された強盗グループを率いるマイケル(キウェテル・イジョフォー)は、銀行襲撃を成功させたのを機にロシアンマフィアとの関わりを絶とうと決意する。 だが、ボスであ・・・

「日本で一番悪い奴ら」映画の感想&レビュー☆ドキュメントのようにさえ見える迫真の演技は必見です

2016年上映の映画感想 映画の感想
日本で一番悪い奴ら がオズ

あらすじ 柔道で鍛えた力を買われて、北海道警察の刑事になった諸星要一(綾野剛)。 裏社会に入り込んでS(スパイ)をつくれという、敏腕刑事・村井の助言に従い、Sを率いて「正義の味方、悪を絶つ」の信念のもと規格外の捜査に乗り・・・

「二重生活」映画の感想&レビューとあらすじ☆邦画に溢れる明朗快活なエンターテイメント作品に食傷気味な方にはお薦め

2016年上映の映画感想 映画の感想
二重生活 映画 画像

あらすじ 大学院に通う25歳の珠(門脇麦)は、19歳のときに遭遇したある出来事をきっかけに長い間絶望のふちをさまよっていたが、最近ようやくその苦悩から解放された。 彼女は一緒に住んでいる恋人卓也(菅田将暉)と、なるべくも・・・

「ダーク・プレイス」映画の感想&レビューとあらすじ☆ミステリ好きには少しアンフェアに感じられるかも

2016年上映の映画感想 映画の感想
ダーク・プレイス

あらすじ 8歳のときに起きた一家惨殺事件で生き残ったリビー(シャーリーズ・セロン)のもとに、有名事件の真相について話し合う「殺人クラブ」から招待状が届く。 彼女が兄の犯行を目撃したと証言したことで、当時15歳だった長男ベ・・・

「クリーピー 偽りの隣人」を観た感想&レビューとあらすじ★リアルな恐怖を感じさせる作品

2016年上映の映画感想 映画の感想
クリーピー 偽りの隣人 映画 画像

あらすじ 刑事から犯罪心理学者に転身した高倉(西島秀俊)はある日、以前の同僚野上(東出昌大)から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれる。 だが、たった一人の生存者である長女の早紀(川口春奈)の記憶の糸をたぐっても、依然事件・・・

ページの先頭へ